基本情報

モデルNO.

RTO

プルーション・ソース

大気汚染防止

加工方法

燃焼

商標

RUIMA

起源

中国

HSコード

84213990

商品説明

再生熱酸化装置(Regenerative Thermal Oxidizer (RTO);
現在、最も広く使用されている酸化技術である。
VOC排出削減、幅広い溶剤とプロセスの処理に適しています。空気量と必要な浄化効率に応じて、RTOは2、3、5、または10チャンバーがあります;

メリット
処理できるVOCの範囲が広い
低メンテナンスコスト
高い熱効率
廃棄物を出さない
小流量、中流量、大流量に対応可能
VOC濃度がオートサーマルポイントを超えた場合、バイパス経由で熱回収

オートサーマルと熱回収:;
熱効率 > 95%
1.2~1.7mgC/Nm3での自動熱点
2,000から200,000m3/hまでの空気流量範囲

高VOC破壊
精製効率は通常99%以上である;

住所 杭州西湖区北路3号中国浙江省杭州市西湖区西湖北路3号

ビジネスタイプ メーカー/工場

事業範囲 製造・加工機械、サービス

マネジメントシステム認証 ISO14001、ISO9001、OHSAS/OHSMS18001、QHSE

主要製品 乾燥機、押出機、ヒーター、二軸押出機、電解腐食防止装置、スクリュー、ミキサー、ペレタイザー、コンプレッサー、ペレタイザー

会社紹介 化学工業部化学機械研究所は1958年に浙江省に設立された。1958年に浙江省に設立され、1965年に杭州に移転した。

化学工業省自動化研究所は1963年に杭州に設立された。

1997年、化学工業省化学機械研究所と化学工業省自動化研究所が統合され、化学工業省化学機械自動化研究所となった。1997年、化学工業省化学機械研究所と化学工業省自動化研究所が統合され、化学工業省化学機械・自動化研究所となる。

In 2000, the Res. Inst of Chemical Machinery and Automation of the Ministry of ChemicalIndustry completed its transformation to enterprise and registered as CZPT Instituteof Chemical Machinery and Automation.

天華学院には以下の下部機関がある:

浙江省杭州市化学設備品質監督検査センター

浙江省杭州市にある杭州機器研究所;

浙江省杭州市にあるオートメーション研究所;

浙江省杭州市の杭州瑞麻化学機械有限公司;

浙江省杭州市の杭州瑞徳乾燥科技有限公司;

浙江省杭州市にあるHangZhouLantai Plastics Machinery Co;

浙江省杭州市の浙江愛留科自動化科技有限公司;

The HangZhou United Institute of Chemical Machinery and automation and the HangZhou United Institute of Petrochemical Industry Furnaces were founded by CZPT Institute and the Sinopec.

天華学院の敷地面積は80,000m2、総資産は1元(人民元)である。年間生産額は1元(人民元)である。

天華学院の従業員数は約916名で、そのうち75%が専門職である。そのうち、教授が23人、上級エンジニアが249人、エンジニアが226人である。29名の教授と上級エンジニアは国家特別補助金を享受し、5名は中華人民共和国に顕著な貢献をした中青年専門家の称号を授与された。

再生熱酸化装置

再生熱酸化装置は産業廃水の処理に使用できるか?

再生熱酸化装置(RTO)は、通常、産業廃水の処理には使用されません。RTOは、大気汚染防止と、揮発性有機化合物(VOC)や有害大気汚染物質(HAP)などのガス状汚染物質の処理のために特別に設計されています。

工業廃水の処理にRTOを使用する際の重要なポイントを以下に挙げる:

  • 動作原理: RTOは、気相中の汚染物質の燃焼を利用する。高温を利用して気体の汚染物質を熱酸化し、二酸化炭素と水蒸気に変換する。しかし、廃水処理では、水中に溶解または懸濁した汚染物質の除去や変換が行われるため、異なる処理メカニズムが必要となる。
  • 廃水処理技術: 廃水処理には通常、物理的分離、化学処理、生物学的処理、その他汚染物質の性質に応じた特殊技術などのプロセスが含まれる。一般的な廃水処理技術には、活性汚泥システム、沈殿槽、化学沈殿、ろ過、その他特定の廃水の特性に合わせた様々な方法が含まれる。
  • 環境規制: 工業廃水処理には、水域に放出される排水の品質を管理する厳しい環境規制と排出基準が適用される。これらの規制を遵守するためには、RTOのような大気汚染防止技術ではなく、水中の汚染物質を除去または削減するために特別に設計された適切な廃水処理技術を導入する必要がある。
  • 廃水処理システムとの統合: RTOは廃水処理には使用されないが、廃水処理も必要な工業プロセスシステム全体に組み込まれることがある。このような場合、廃水処理には別の廃水処理技術が採用され、RTOは廃水処理工程や他の産業作業から生じる大気排出に対処するために使用される。

要約すると、再生熱酸化装置は工業廃水の処理には適さない。再生熱酸化装置は、大気汚染防止とガス状汚染物質の破壊を目的として設計されている。効果的な廃水処理のためには、産業界は、水中の汚染物質の除去または変換のために特別に設計された適切な廃水処理技術を採用すべきである。

再生熱酸化装置

How do regenerative thermal oxidizers compare to biofilters in terms of performance?

Regenerative thermal oxidizers (RTOs) and biofilters are both widely used technologies for the treatment of air pollutants, but they differ in their operating principles and performance characteristics. Here’s a comparison of RTOs and biofilters in terms of their performance:

Performance Aspect 再生熱酸化装置(RTO) Biofilters
Emission Removal Efficiency RTOs are highly efficient in removing volatile organic compounds (VOCs) and hazardous air pollutants (HAPs). They can achieve destruction efficiencies above 95% for these pollutants. Biofilters also have the potential to achieve high removal efficiencies for certain VOCs and odorous compounds. However, their performance can vary depending on the specific contaminants and the microbial activity in the biofilter.
適用性 RTOs are versatile and can handle a wide range of pollutants, including VOCs, HAPs, and odorous compounds. They are well-suited for high flow rates and high pollutant concentrations. Biofilters are particularly effective in treating odorous compounds and certain VOCs. They are commonly used in applications such as wastewater treatment facilities, composting operations, and agricultural facilities.
Energy Consumption RTOs require a significant amount of energy to reach and maintain high operating temperatures for oxidation. They rely on fuel combustion or external heat sources for the thermal energy needed. Biofilters are considered low energy consumption systems as they rely on the natural biological activity of microorganisms to break down pollutants. They generally do not require external heating or fuel consumption.
メンテナンス RTOs typically require regular maintenance and monitoring to ensure proper operation. This includes inspections, cleaning of heat exchange media, and potential repairs or replacements of components. Biofilters require periodic maintenance to optimize their performance. This may involve monitoring and adjusting moisture levels, controlling temperature, and occasionally replacing the filter media or adding microbial inoculants.
Capital and Operating Costs RTOs generally have higher capital costs compared to biofilters due to their complex design, specialized materials, and energy-intensive operation. Operating costs include fuel consumption or electricity for heating. Biofilters generally have lower capital costs compared to RTOs. They are simpler in design and do not require fuel consumption. However, operating costs may include periodic replacement of filter media and potential odor control measures.

It is important to note that the selection of the appropriate technology depends on various factors such as the specific pollutants to be treated, process conditions, regulatory requirements, and site-specific considerations. Consulting with environmental engineers or air pollution control experts can help determine the most suitable technology for a particular application.

In summary, RTOs and biofilters offer different performance characteristics, with RTOs excelling in high removal efficiencies, versatility, and suitability for high-flow and high-concentration applications, while biofilters are effective for odorous compounds, have low energy consumption, and generally lower capital costs.

再生熱酸化装置

再生熱酸化装置は環境に優しいのか?

再生熱酸化装置(RTO)は、いくつかの理由から、環境に優しい大気汚染防止装置と考えられている:

  • 高い汚染物質破壊効率: RTOは、揮発性有機化合物(VOC)や有害大気汚染物質(HAP)を含む汚染物質を高効率で破壊する。通常、99%を超える破壊効率を達成する。これは、有害な汚染物質の大部分が二酸化炭素や水蒸気などの無害な副生成物に変換されることを意味する。
  • 排出ガス規制の遵守: RTOは、産業界が環境機関の定める厳しい大気質規制や排出制限を遵守するのに役立ちます。産業排気流から汚染物質を効果的に除去することで、RTOは大気中への有害物質の放出を減らし、大気質の改善に貢献します。
  • 二次汚染物質の発生を最小限に抑える: RTOは二次汚染物質の生成を最小限に抑える。燃焼室内の高温が汚染物質の完全な酸化を促進し、元の汚染物質よりも有害なダイオキシンやフランなどの制御不能な副生成物の生成を防ぐ。
  • エネルギー効率: RTOには、エネルギー効率を向上させる熱回収システムが組み込まれている。RTOは、酸化プロセス中に発生する熱を回収して利用し、流入するプロセス空気を予熱することで、加熱に必要なエネルギーを削減する。このエネルギー回収機能は、システム全体の環境への影響を最小限に抑えるのに役立つ。
  • 温室効果ガスの排出削減: VOCとHAPを効果的に破壊することで、RTOは温室効果ガスの排出削減に貢献する。VOCは地上オゾンの形成に大きく寄与し、気候変動に関連している。VOC排出を除去することで、RTOはこれらの汚染物質に関連する環境への影響を緩和するのに役立つ。
  • 様々な産業への適用性: RTOは、さまざまな産業やプロセスに幅広く適用できる。排気量、汚染物質濃度、ガス組成の変化に幅広く対応できるため、さまざまな産業用途に適応できる。

RTOは環境に大きなメリットをもたらすが、その全体的な環境性能は、適切な設計、運転、メンテナンスに依存することに注意することが重要である。RTOの継続的な有効性と環境への優しさを確保するためには、定期的な検査、メンテナンス、メーカーのガイドラインの遵守が極めて重要である。

editor by CX 2023-09-01

jaJA