基本情報

モデルNO.

LC-RTO

認証

国際標準化機構

インストール
方法

ホリゾンタル

オペレーション
タイプ

手動

ミディアム素材

金属繊維

集塵方法

ドライ

節約

1 M / h;
 
パフォーマンス特性
処理空気量は2nm3 / h

濃縮度:1000mg/m3

モデル 空気量
((m)」。3sol;h);
サイズ
mm);
千Kcal);
LC-RTO -50 5000 5280*1790*3910 250
LC-RTO -100 10000 6150*2380*4030 550
LC-RTO -150 15000 7050*2830*4310 750
LC-RTO -200 20000 7980*3150*4610 1000
LC-RTO -300 30000 10650*4260*4950 1350
LC-RTO -400 40000 12560*4720*5460 2000
LC-RTO -500 50000 14200*5260*5860 2000

FAQ:;
 

お客様からの質問と回答

 

ご質問がございましたら、貴重なご意見をお寄せください。

住所 浙江省杭州市瀾城街城南路331号316室

ビジネスタイプ メーカー/工場

事業範囲 産業機器・部品

主な製品 ごみ焼却発電、ごみ焼却、エネルギー発電、ごみ焼却発電プラント、ごみ焼却炉、エネルギー

会社紹介 杭州藍城環境保護科技有限公司は浙江省杭州市に位置し、科学研究、設計、生産、販売を一体化したハイテク企業である。同社は、科学的研究による革新、品質による生存、評判による発展に努めています。環境保護分野の専門レベルと成熟した技術で、急速に成長しています。製品の顧客満足は私たちの絶え間ない追求です。

登録資本金は2000万元で、浙江省杭州市杭州香港工業区に2000余りの現代的な生産基地を持っている。会社の一流の環境保護処理設計者は、システムの合理性、技術革新、様々な複雑な作業条件のための入出力経済の側面から、目標処理方式を設計し、排出指標が国家排出基準に適合するようにした。

同社の主な製品は次のとおりです:1.有機廃ガス;活性炭、RTO、RCO、ゼオライトランナー、ドライフィルターボックスなど。2.粉塵;電気集塵機、パルスバッグフィルターなど。3.製薬設備;乾燥設備、混合設備、造粒設備、粉砕設備。4.溶融亜鉛メッキワイヤー5.工業廃水処理装置など

当社の設備は化学工業、製パン、塗装、電気メッキ、ゴミ焼却、印刷、飲食、自治体などの産業で順調に使用されている。現在、弊社は企業の汚水排出の現状に応じて、完璧な処理計画を立てることができ、既存の特許技術を利用して、最適な製品を開発することができます。弊社は最先端の技術と誠実な態度で、お客様に最高品質の解決策を提供します。

当社は常に「丁寧に刻み、高品質の製品を創造する」ことを企業の目的とし、「西湖地区で最も強い環境保護企業に成長する」ことを企業の目標としている。近年、国家が環境保護にますます注目するようになり、「大気を管理し、環境を美化し、人類に利益をもたらす」ことが当社の長期的な課題となっている。国家の「省エネ、排出削減」政策の呼びかけに応じて、青城環境保護会社は中国の環境保護を活性化し、調和のとれた社会を建設するために相応の貢献をしてきました!

再生熱酸化装置

再生熱酸化装置は粒子状物質の排出抑制に適しているか?

再生熱酸化装置(RTO)は、主に揮発性有機化合物(VOC)と有害大気汚染物質(HAP)の破壊のために設計されている。RTOはガス状汚染物質の処理には非常に効果的であるが、粒子状物質の排出を制御するために特別に設計されたものではない。

粒子状物質の排出を制御するためのRTOの適性に関して考慮すべきいくつかの重要なポイントを以下に示す:

  • 粒子状物質(PM)除去メカニズム: RTOは主に、汚染物質の熱酸化に基づいて作動する。高温を利用してガス状汚染物質を分解・破壊するが、粒子状物質を捕捉・除去する専用のメカニズムは備えていない。RTOの設計には、粒子状物質の効果的な制御に一般的に使用されるフィルターや電気集塵装置などの機能は組み込まれていない。
  • 限定的な粒子状物質の破壊: RTOは、熱分解や凝集のようなメカニズムにより、微小粒子状物質の付随的な除去を提供することができるが、粒子状物質の除去効率は、一般に、専用の粒子状物質制御装置に比べて低い。RTOの焦点は、微粒子の捕獲や除去よりも、主にガス状汚染物質の破壊にある。
  • 補足的な粒子制御: 場合によっては、粒子状物質排出に対処するために、補助的な粒子状物質制御装置がRTOと統合されることもある。バグフィルターや電気集塵装置などのこれらの装置は、微粒子を捕捉・除去するためにRTOの下流に設置することができる。このようにRTOと個別の粒子状物質制御装置を組み合わせることで、ガス状汚染物質と粒子状物質の両方に対する包括的な大気汚染制御を達成することができる。
  • 粒子特性への配慮: 粒子状物質の排出を伴う特定の用途に対するRTOの適合性を評価する場合、粒子状物質のサイズ、組成、濃度などの特性を考慮することが極めて重要である。RTOは、微小粒子状物質や超微小粒子状物質と比較して、ある種の粗大粒子状物質の制御においてより効果的である可能性がある。
  • 代替技術: 粒子状物質の排出が多い産業では、バグフィルター(バグハウス)、電気集塵機、湿式スクラバーなど、粒子状物質除去のために特別に設計された他の大気汚染防止技術が、より適切で効率的な場合がある。

要約すると、再生熱酸化装置はガス状汚染物質の破壊には非常に効果的であるが、粒子状物質の排出を制御するために特別に設計されているわけではない。粒子状物質の制御が重大な懸念事項である場合、包括的な大気汚染制御を確実にするために、補助的な粒子状物質制御装置または代替技術を考慮すべきである。

再生熱酸化装置

Can regenerative thermal oxidizers handle corrosive exhaust gases?

Regenerative thermal oxidizers (RTOs) can be designed to handle corrosive exhaust gases effectively. However, the ability of an RTO to handle corrosive gases depends on several factors, including the choice of construction materials, operating conditions, and the specific corrosive nature of the exhaust gases. Here are some key points regarding the handling of corrosive exhaust gases in RTOs:

  • Material Selection: The selection of appropriate construction materials is crucial when dealing with corrosive gases. RTOs can be constructed using materials that offer high resistance to corrosion, such as stainless steel, corrosion-resistant alloys (e.g., Hastelloy, Inconel), or coated materials. The choice of materials depends on the specific corrosive compounds present in the exhaust gases and their concentrations.
  • Corrosion-Resistant Coatings: In addition to selecting corrosion-resistant materials, applying protective coatings can enhance the resistance of the RTO components to corrosive gases. Coatings such as ceramic coatings, epoxy coatings, or acid-resistant paints can provide an extra layer of protection against corrosion.
  • Temperature Control: Maintaining appropriate operating temperatures in the RTO can help mitigate the corrosive effects of the exhaust gases. Higher temperatures can promote the decomposition of corrosive compounds, reducing their corrosive potential. Additionally, operating at higher temperatures can enhance the self-cleaning effect and prevent the accumulation of corrosive deposits on the surfaces.
  • Gas Conditioning: Prior to entering the RTO, the exhaust gases can undergo gas conditioning processes to reduce their corrosive nature. This may involve pre-treatment methods such as scrubbing or neutralization to remove or neutralize corrosive compounds and reduce their concentration.
  • Monitoring and Maintenance: Regular monitoring of the RTO performance and periodic maintenance are essential to ensure the effective handling of corrosive exhaust gases. Monitoring systems can track variables such as temperature, pressure, and gas composition to detect any deviations that may indicate corrosion-related issues. Proper maintenance, including cleaning and inspection of the components, helps identify and address any corrosion concerns in a timely manner.

It is important to note that the corrosiveness of exhaust gases can vary significantly depending on the specific industrial process and the pollutants involved. Therefore, when designing an RTO for handling corrosive gases, it is advisable to consult with experienced engineers or RTO manufacturers who can provide guidance on the appropriate design considerations and material selection.

By employing suitable materials, coatings, temperature control, gas conditioning, and maintenance practices, RTOs can effectively handle corrosive exhaust gases while ensuring their long-term performance and durability.

再生熱酸化装置

再生熱酸化装置の寿命は?

再生熱酸化装置(RTO)の寿命は、装置の品質、適切なメンテナンス、運転条件、技術の進歩など、いくつかの要因によって変化する。一般に、適切に設計され、適切に保守されたRTOの寿命は、15年から25年以上である。

RTOの寿命に影響する要因をいくつか挙げてみよう:

  • 建設の質: 耐腐食性合金や耐火物ライニングのような高品質の材料で作られたRTOは、寿命が長くなる傾向があります。堅牢な構造は、工業プロセスでしばしば遭遇する過酷な運転条件に対する耐久性と耐性を保証します。
  • メンテナンスの実践: RTOの寿命を最大限に延ばすには、定期的かつ積極的なメンテナンスが重要である。これには、定期的な検査、バルブ、ダンパー、セラミック・メディア・ベッドなどのコンポーネントの洗浄と交換、運転パラメーターの監視が含まれる。適切なメンテナンスは、機器の早期故障を防ぎ、最適な性能を確保するのに役立ちます。
  • 動作条件: 温度、ガス組成、微粒子負荷などのRTOの運転条件は、その寿命に影響する。RTOを設計パラメータ内で運転し、過度の熱ストレスや化学ストレスを避けることが、寿命延長につながります。
  • 技術の進歩: 時間の経過とともに、技術の進歩により、より効率的で耐久性のある部品が導入されたり、RTOの全体的な設計が改善されたりすることがある。古いRTOを新しい技術でアップグレードまたは改造することで、その寿命を延ばし、性能を向上させることができる。
  • 環境要因: 腐食性ガス、高湿度、または過酷な気候にさらされるなどの環境要因は、RTOの寿命に影響を与える可能性があります。適切な設計を考慮し、耐腐食性コーティングや断熱材などの保護対策を施すことで、これらの影響を緩和し、機器の寿命を延ばすことができます。

記載されている寿命は一般的な推定値であり、特定の状況によって異なる可能性があることに注意することが重要である。RTOの長寿命と信頼性の高い運用を確保するには、定期的な点検、メンテナンス、メーカーのガイドラインの遵守が不可欠である。

editor by CX 2023-09-01

jaJA