基本情報

モデルNO.

驚異のRTO

タイプ

焼却炉

ローメンテナンス

100

簡単な操作

100

省エネ

100

高効率

100

商標

ビジャマジング

輸送パッケージ

海外

仕様

111

起源

中国

HSコード

2221111

商品説明

RTO

再生熱酸化装置

RTOは、従来の触媒燃焼、直接熱酸化装置と比較して、加熱効率が高く、運転コストが低く、大流量の低濃度排ガスを処理できるというメリットがある。VOCs濃度が高い場合、二次熱の再利用が可能であり、運転コストを大幅に削減できる。RTOはセラミック蓄熱器を通して廃ガスをレベル別に予熱することができるため、廃ガスをデッドコーナーなく完全に加熱分解することができ(処理効率>99%)、排ガス中のNOXを低減することができます。

RTOは運転モードの違いにより、チャンバータイプとロータリータイプに分けられます。回転式RTOは、システム圧力、温度安定性、投資額などに優れています。

RTOタイプ   効率性 圧力変化
(mmAq)
サイズ (最大)処理量  
 
治療効率  熱再利用効率  
ロータリー式RTO 99 % 97 % 0-4 小さい
(1回)
50000Nm3/h  
三室式RTO 99 % 97 %   0-10 大型
(1.5倍)
100000Nm3/h
2室式RTO 95 % 95 % 0-20 真ん中
(1.2倍)
100000Nm3/h  

再生熱酸化装置、再生熱酸化装置、再生熱酸化装置、熱酸化装置、熱酸化装置、熱酸化装置、酸化装置、酸化装置、焼却炉、焼却炉、廃ガス処理、廃ガス処理、廃ガス処理、VOC処理、VOC処理、VOC処理、RTO、RTO、ロータリーRTO、ロータリーRTO、ロータリーRTO、チャンバーRTO、チャンバーRTO、チャンバーRTO

住所 中華人民共和国浙江省亦荘市地城西路濱偉大厦E1 8階

ビジネスタイプ メーカー/工場, 商社

事業範囲 電気・電子、産業機器・部品、製造・加工機械、冶金・鉱物・エネルギー

マネジメントシステム認証 ISO9001、ISO14001

主要製品 Rto、カラーコーティングライン、亜鉛メッキライン、エアナイフ、加工ライン用スペア、コーター、独立機器、シンクロール、改造プロジェクト、ブロワー

会社紹介 浙江驚科技有限公司は浙江経済技術開発区(BDA)に位置する盛んなハイテク企業です。現実的、革新的、集中的、効率的という理念を堅持し、主に中国及び全世界の廃ガス処理(VOCs)産業と冶金設備にサービスを提供しています。弊社はVOCs廃ガス処理プロジェクトにおいて先進的な技術と豊富な経験を持っており、コーティング、ゴム、電子、印刷などの業界への応用に成功しています。また、平鋼加工ラインの研究と製造において、長年の技術蓄積を持っており、100近くの応用例を持っています。

弊社はVOCs有機廃ガス処理システムの研究、設計、製造、据付、試運転と平鋼加工ラインの省エネと環境保護のための改造と更新プロジェクトに重点を置いています。弊社は環境保護、省エネ、製品の品質向上などの方面で、お客様に全面的な解決案を提供することができます。

また、ローラー、カプラー、熱交換器、レキュペレーター、エアナイフ、ブロワー、溶接機、テンションレベラー、スキンパス、エキスパンションジョイント、シャー、ジョインター、ステッチャー、バーナー、ラジアントチューブ、ギアモーター、減速機など、カラーコーティングライン、亜鉛メッキライン、酸洗ラインの各種スペアや独立した設備も手掛けています。

再生熱酸化装置

再生熱酸化装置は、有害大気汚染物質(HAP)の除去に使用できますか?

はい、再生熱酸化装置(RTO)は有害大気汚染物質(HAP)の除去に効果的に使用できます。RTOは、広範囲の揮発性有機化合物(VOC)と有害大気汚染物質を破壊するための最も効率的で信頼できる技術の一つとして広く認識され、採用されている。

HAPsの除去にRTOを使用する際の重要なポイントは以下の通りである:

  • 高い破壊効率: RTOは高い破壊効率で知られており、これはHAPを効果的に酸化・破壊する能力を指す。RTO内の燃焼室は、HAPを含む汚染物質の完全な酸化を確実にするため、十分に高い温度(通常1,400°Fまたは760℃以上)を維持するように設計されている。
  • 幅広い適用性: RTOは、ベンゼン、トルエン、キシレン、塩素系化合物、ホルムアルデヒド、その他様々な有機汚染物質を含むが、これらに限定されない幅広いHAPやVOCを取り扱うことができる。その汎用性により、HAPが存在する可能性のある多様な産業用途に適している。
  • 保持時間: RTOは、燃焼室内で十分な滞留時間を持つように設計されている。これにより、HAPを含む排気ガスが高温ゾーンで十分な時間を過ごすことができ、HAPが適切に処理され、無害な副生成物に酸化されることが保証される。
  • 熱回収: RTOの熱回収システムは、通常セラミック媒体床または熱交換器を使用し、HAPの破壊に重要な役割を果たす。熱回収システムは、必要な温度を維持し、燃焼プロセスを維持するための熱エネルギーを供給するのに役立ち、運転条件が変化する場合でもHAPの効果的な破壊を保証する。
  • 規則の遵守: RTOは、HAP排出を規制する厳しい環境規制を満たすように設計されている。HAPを効果的に破壊することで、RTOは産業界が規制当局によって設定された大気質基準や排出制限を遵守するのに役立ちます。
  • モニタリングと管理: RTOには、温度、圧力、汚染物質濃度などのパラメータを継続的に監視する高度な監視・制御システムが装備されている。これらのシステムは、HAP処理におけるRTOの最適性能を保証し、必要に応じて調整と最適化を可能にする。

RTOの具体的な設計と構成は、処理されるHAPの特性に合わせて調整する必要がある場合があることに注意することが重要である。HAPの化学組成、濃度、その他のプロセス特有の考慮事項などの要因が、RTOシステムの選択とカスタマイズに影響する場合がある。

要約すると、RTOは有害大気汚染物質を除去するための非常に効果的で信頼性の高い技術である。破壊効率が高く、適用範囲が広く、規制を遵守しているため、HAP排出による環境への影響を軽減しようとする産業にとって好ましい選択肢である。

再生熱酸化装置

What are the startup and shutdown time requirements for a regenerative thermal oxidizer?

The startup and shutdown time requirements for a regenerative thermal oxidizer (RTO) can vary depending on several factors, including the specific design of the RTO, the size of the system, and the operating conditions. Here are some key points regarding the startup and shutdown time requirements for an RTO:

  • Startup Time: The startup time for an RTO typically refers to the time it takes for the system to reach its operating temperature and stabilize for effective emission control. The startup time can range from several hours to several days, depending on the size of the RTO, the thermal capacity of the heat exchange media, and the desired operating temperature. During startup, the RTO gradually heats up the heat exchange beds or media using a burner system or other heating mechanisms until the desired temperature is reached.
  • Shutdown Time: The shutdown time for an RTO refers to the time it takes to safely cool down the system and bring it to a complete stop. The shutdown time can also vary and may range from several hours to several days. During shutdown, the flow of exhaust gas is stopped, and the RTO initiates a cooling process to lower the temperature of the heat exchange media. Cooling mechanisms such as air or water may be used to expedite the cooling process and ensure safe operation.
  • System Requirements: The specific startup and shutdown time requirements for an RTO are often determined by the process requirements, operational needs, and regulatory compliance. Some applications may require faster startup and shutdown times to accommodate frequent process changes, while others may prioritize energy efficiency and opt for longer startup and shutdown times to allow for heat recovery and minimize fuel consumption.
  • Control Systems: Advanced control systems are typically employed to monitor and control the startup and shutdown processes of an RTO. These systems ensure that the temperature ramp-up and ramp-down rates are within safe limits and that the system operates efficiently and reliably during these phases.

It is essential to consult with RTO manufacturers or experienced engineers to determine the specific startup and shutdown time requirements for a particular RTO based on its design, size, and intended application. They can provide guidance on optimizing the startup and shutdown processes to meet the operational and regulatory needs while ensuring the safe and efficient operation of the RTO.

In summary, the startup and shutdown time requirements for an RTO can vary depending on factors such as system design, size, and operational considerations. Startup times can range from hours to days, while shutdown times can also vary. These requirements are tailored to meet the specific needs of the process and ensure effective emission control while maintaining operational safety.

再生熱酸化装置

再生熱酸化器に必要なメンテナンスは何ですか?

再生熱酸化装置(RTO)のメンテナンスは、その最適な性能、寿命、および環境規制への準拠を確保するために不可欠です。ここでは、RTOに必要な主なメンテナンスについて説明します:

  • 定期検査: 日常点検を実施し、RTO構成部品の摩耗、腐食、損傷の兆候を確認する。これには、バルブ、ダンパー、ファン、燃焼室、熱交換器、セラミックメディ アベッドの点検が含まれる。点検は潜在的な問題を早期に発見し、タイムリーな修理や交換を可能にする。
  • 部品のクリーニングと交換: 適切な機能を維持するために、必要に応じて部品を清掃または交換する。これには、詰まったり汚れたりした熱交換器表面の清掃、損傷したり摩耗したバルブやダンパーの交換、セラミックメディアベッドが劣化したり汚染された場合の定期的な交換などが含まれます。
  • 運転パラメータの監視 温度、エアフロー、圧力差、ガス濃度などの運転パラメータを定期的に監視し、記録する。通常の運転範囲からの逸脱は、注意を要する潜在的な問題や非効率性を示すことがある。
  • 機器の校正: 温度、圧力、流量などのパラメーターの正確な測定を保証するために、モニタリングや制御目的で使用される機器やセンサーを校正する。適切な校正は、RTOの信頼できる正確な運転を維持するのに役立ちます。
  • 熱回収システムの清掃: 熱交換器表面を含む熱回収システムを清掃し、 堆積した粒子状物質や汚れを取り除きます。これにより、効率的な熱伝達が保証され、RTOの性能を低下させる堆積物の蓄積を防ぐことができます。
  • 安全基準の遵守: RTOで作業する際の安全基準とガイドラインを遵守すること。これには、メンテナンス活動中の適切なロックアウト/タグアウト手順、適切な個人保護具の着用、人員や機器へのリスクを最小限に抑えるための安全プロトコルへの遵守が含まれます。
  • 文書化と記録管理: 保守活動、検査、修理、およびRTOに加えられた変更の包括的な記録を維持すること。文書化することで、機器の履歴を追跡し、トラブルシューティングを支援し、規制要件を遵守していることを記録することができる。

具体的なメンテナンス要件は、RTOメーカーの推奨事項、システムの設計、運転条件、適用される規制要件によって異なる可能性があることに注意することが重要です。メーカーのガイドラインに従い、定期的な点検を実施し、特定のRTOに合わせたプロアクティブ・メンテナンス・プログラムを実施することは、RTOの信頼性の高い運転と長寿命を確保するために極めて重要である。

China manufacturer Rto Rotary Type Regenerative Thermal Oxidizer
editor by CX 2023-10-19

jaJA