基本情報

モデルNO.

Amazing ceramic

タイプ

焼却炉

省エネ

100

優れた素材

100

高効率

100

商標

ビジャマジング

輸送パッケージ

海外パッケージ

仕様

111

起源

中国

HSコード

111111

商品説明

アキュムレーター・セラミック

RTOはセラミックアキュムレータを採用し、蓄熱性能に優れ、熱損失が少なく、熱交換効率が高い。

陶磁器の蓄積ボディは LANTEC MLM シリーズ プロダクトを採用します、大きい比表面積、小さい抵抗、大きい熱容積の利点を具体化します、耐熱性は 1200ºC まで、高い反酸の固着、小さい吸水、小さい熱拡張係数、よりよい反割れる能力、長い寿命できます 指定

高温空気燃焼技術(HTAC)は省エネと環境保護の二重の効果がある。従来の燃焼技術と比較すると、CZPTは約20-50%の燃料を節約し、20%の酸化と着火損失を減少させ、40%のNOx排出を削減し、20%以上の生産量をもたらす。

**

長さ*幅*高さ(mm)

 

チャンネル数

 

チャンネル幅

 

肉厚

 

側壁の厚さ

 

比表面積

 

ヴォイド%

 

セクション形状

200*100*100

20*9

¢8.5

ラウンドチャンネル

2.3

2.5

280

51

 

150*100*100

36*24

¢3*3

正方形チャンネル

1.1

1.2

734

52

 

150*100*100

35*20

¢4

六角チャネル

1.0

1.2

687

65

 

150*100*100

10*6

¢12

六角チャネル

4.0

4.0

210

50

 

150*100*100

35*20

¢3.5

六角チャネル

1.5

1.5

570

50

 

150*100*100

17*13

¢7.5

ラウンドチャンネル

1.2

1.3

366

57

 

150*100*100

33*19

¢4

ラウンドチャンネル

1.0

1.3

568

53

 

150*100*100

15*9

¢8.5

ラウンドチャンネル

2.3

2.5

280

51

 

150*100*100

38*22

¢3.6

六角チャネル

0.9

1.2

696

63

 

150*100*100

42*28

¢2.6*2.6

正方形チャンネル

1.0

1.1

815

53

 

100*100*100

7*6

¢12

六角チャネル

4.0

4.0

224

52

 

100*100*100

31*31

¢2.65*2.65

正方形チャンネル

0.55

0.7

1065

67

 

100*100*100

24*24

¢3*3

正方形チャンネル

1.1

1.2

741

52

 

100*100*100

23*20

¢4

六角チャネル

1.0

1.2

608

84

 

100*100*100

10*9

¢8.5

ラウンドチャンネル

2.3

2.5

280

51

 

セラミックアキュムレータ、セラミックアキュムレータ、セラミックアキュムレータ、ハニカム 

住所 中華人民共和国浙江省亦荘市地城西路濱偉大厦E1 8階

ビジネスタイプ メーカー/工場, 商社

事業範囲 電気・電子、産業機器・部品、製造・加工機械、冶金・鉱物・エネルギー

マネジメントシステム認証 ISO9001、ISO14001

主要製品 Rto、カラーコーティングライン、亜鉛メッキライン、エアナイフ、加工ライン用スペア、コーター、独立機器、シンクロール、改造プロジェクト、ブロワー

会社紹介 浙江驚科技有限公司は浙江経済技術開発区(BDA)に位置する盛んなハイテク企業です。現実的、革新的、集中的、効率的という理念を堅持し、主に中国及び全世界の廃ガス処理(VOCs)産業と冶金設備にサービスを提供しています。弊社はVOCs廃ガス処理プロジェクトにおいて先進的な技術と豊富な経験を持っており、コーティング、ゴム、電子、印刷などの業界への応用に成功しています。また、平鋼加工ラインの研究と製造において、長年の技術蓄積を持っており、100近くの応用例を持っています。

弊社はVOCs有機廃ガス処理システムの研究、設計、製造、据付、試運転と平鋼加工ラインの省エネと環境保護のための改造と更新プロジェクトに重点を置いています。弊社は環境保護、省エネ、製品の品質向上などの方面で、お客様に全面的な解決案を提供することができます。

また、ローラー、カプラー、熱交換器、レキュペレーター、エアナイフ、ブロワー、溶接機、テンションレベラー、スキンパス、エキスパンションジョイント、シャー、ジョインター、ステッチャー、バーナー、ラジアントチューブ、ギアモーター、減速機など、カラーコーティングライン、亜鉛メッキライン、酸洗ラインの各種スペアや独立した設備も手掛けています。

再生熱酸化装置

再生熱酸化装置は汚染物質濃度の変動に対応できるか?

再生熱酸化装置(RTO)は、変動する汚染物質濃度を効果的に処理するように設計されている。性能や効率に大きな悪影響を及ぼすことなく、汚染物質濃度の変動に対応することができる。変動する汚染物質濃度を処理するRTOの能力は、幅広い産業用途に適している利点の一つです。

変動する汚染物質濃度に対応するRTOの能力について、考慮すべき重要なポイントを以下に挙げる:

  • 高い破壊効率: RTOはその高い破壊効率で知られており、これは排気ガス中に存在する汚染物質を効果的に破壊または酸化する能力を意味する。RTO内の燃焼室は、汚染物質の濃度に関係なく、汚染物質を完全に酸化させるために十分な高温を維持するように設計されている。
  • 保持時間: RTOは、燃焼室内で十分な滞留時間を持つように設計されている。これにより、排気ガスが高温ゾーンで十分な時間を過ごすことができ、濃度の異なる汚染物質も適切に処理・酸化される。
  • 熱回収: RTOの熱回収システムは、通常、セラミック媒体床または熱交換器を使用し、変動する汚染物質濃度に対応する上で重要な役割を果たす。熱回収システムは、汚染物質濃度が低い期間であっても、必要な温度を維持し、燃焼プロセスを維持するための熱エネルギーを供給するのに役立つ。
  • ダイナミックなオペレーション: RTOは動的に動作するように設計されている。つまり、汚染物質濃度の変化に対応するために、動作パラメーターを調整することができる。排気ガスや流入する未処理ガスの流量、設定温度、ベッドのスイッチング周波数などの変数を調整し、汚染物質負荷が変化する中で性能を最適化することができる。
  • モニタリングと管理: RTOは、汚染物質濃度、温度、その他の関連パラメーターを継続的に監視する高度な監視・制御システムを備えている。これらのシステムは、変動する汚染物質濃度の効果的な処理を確実にするため、RTO運転のリアルタイム調整と最適化を可能にする。

RTOは変動する汚染物質濃度に対応できるが、汚染物質濃度が極端であったり変動が激しかったりする場合は、さらなる配慮が必要になる場合があることに注意することが重要である。場合によっては、RTOの最適な性能を確保するために、排ガスの希釈や調整などの前処理方法が採用されることもある。

全体として、RTOは多用途で信頼性の高いシステムであり、変動する汚染物質濃度を効果的に処理し、産業排出物の効率的で一貫した処理を行うことができる。

再生熱酸化装置

Are regenerative thermal oxidizers safe to operate?

Regenerative thermal oxidizers (RTOs) are designed with safety considerations to ensure their safe operation. When properly installed, operated, and maintained, RTOs provide a high level of safety. Here are some key points regarding the safety of operating RTOs:

  • Combustion and Fire Safety: RTOs are designed to safely combust and destroy volatile organic compounds (VOCs) and other pollutants in the exhaust stream. They incorporate various safety features to prevent the risk of uncontrolled fires or explosions. These features may include flame arrestors, temperature sensors, pressure relief devices, and automated shutdown systems to ensure safe operation in the event of abnormal operating conditions.
  • Control and Monitoring Systems: RTOs are equipped with advanced control and monitoring systems that continuously monitor various parameters such as temperature, pressure, and flow rates. These systems provide real-time data to operators, allowing them to detect any deviations from normal operating conditions promptly. Alarms and safety interlocks are often included to alert operators and initiate appropriate actions in case of abnormal situations.
  • Heat Recovery and Thermal Efficiency: RTOs are designed to maximize thermal efficiency by recovering and reusing heat generated during the oxidization process. This reduces the overall energy consumption and minimizes the risk of heat buildup within the system, contributing to safe operation and preventing excessive temperatures that could pose safety hazards.
  • Equipment and Material Selection: RTOs are constructed using materials that can withstand the high temperatures and corrosive conditions encountered during operation. Heat-resistant materials, such as ceramic beds or metallic heat exchangers, are commonly used. Proper material selection ensures the integrity and longevity of the equipment, reducing the risk of failures or leaks that could compromise safety.
  • Compliance with Standards and Regulations: RTOs must comply with applicable safety standards and regulations. These standards define specific requirements for the design, installation, operation, and maintenance of air pollution control systems, including RTOs. Compliance with these standards ensures that the RTOs meet the necessary safety criteria and helps safeguard the health and well-being of personnel and the surrounding environment.
  • Operator Training and Maintenance: Adequate operator training and regular maintenance are crucial for safe RTO operation. Operators should receive comprehensive training on the system’s operation, safety procedures, and emergency response protocols. Additionally, routine maintenance and inspections help identify and address any potential safety concerns or equipment issues before they escalate.

While RTOs are generally safe to operate, it is essential to follow the manufacturer’s guidelines, maintain proper safety protocols, and adhere to applicable regulations to ensure safe and reliable operation.

再生熱酸化装置

再生熱酸化装置は他の大気汚染防止装置と比較してどうですか?

再生熱酸化装置(RTO)は、他の一般的な大気汚染防止技術と比較していくつかの利点を提供する、高く評価されている大気汚染防止装置です。ここでは、RTOと他の大気汚染防止装置との比較を示します:

比較 再生熱酸化装置(RTO) 電気集塵装置(ESP) スクラバー
効率性 RTOは高いVOC破壊効率を達成し、通常99%を超える。揮発性有機化合物(VOC)や有害大気汚染物質(HAP)の破壊に非常に効果的です。 電気集塵装置は、粉塵や煙などの粒子状物質の捕集には効果的だが、VOCやHAPの破壊にはあまり効果がない。 スクラバーは、ガスや粒子状物質など特定の汚染物質を効率的に除去するが、その性能は、対象となる特定の汚染物質によって異なる場合がある。
適用性 RTOは、大量の排気ガスを含む幅広い産業や用途に適している。さまざまな濃度や種類の汚染物質に対応できます。 ESPは、発電所、セメントキルン、製鉄所などの用途において、粒子状物質の制御に一般的に使用されている。VOCおよびHAPの制御にはあまり適していません。 スクラバーは、二酸化硫黄(SO2)や塩化水素(HCl)などの酸性ガスや、特定の臭気化合物の除去に広く使用されている。化学製造や廃水処理などの産業で採用されることが多い。
エネルギー効率 RTOは、大幅なエネルギー節約を可能にする熱回収システムを組み込んでいる。排気流の熱を利用して流入するプロセス空気を予熱することで、高い熱効率を達成することができる。 電気集塵装置は、他の技術に比べて消費エネルギーは比較的低いが、熱回収機能は備えていない。 スクラバーは一般に、液体の霧化とポンピングに必要なエネルギーのため、RTOや電気集塵装置に比べてより多くのエネルギーを消費する。しかし、スクラバーの設計によっては、熱回収機構を組み込んでいるものもある。
スペース要件 RTOは通常、セラミック・メディア・ベッドと大きな燃焼室が必要なため、ESPや特定のスクラバー設計に比べて、より大きなスペースを必要とする。 ESPはコンパクトな設計であり、RTOや一部のスクラバー構成に比べ、より少ないスペースしか必要としない。 スクラバーの設計は、サイズも複雑さも様々である。充填床式スクラバーのような特定のタイプのスクラバーは、RTOやESPに比べて大きな設置面積を必要とする場合がある。
メンテナンス RTOは一般に、バルブ、ダンパー、セラミック・メディア・ベッドなどの構成部品の定期的なメンテナンスを必要とする。運転条件によっては、定期的な媒体交換が必要な場合もある。 電気集塵装置は、捕集プレートと電極の定期的な清掃を必要とする。メンテナンス活動には、蓄積した粒子状物質の除去が含まれる。 スクラバーは、液体循環システム、ポンプ、ミスト除去装置のメンテナンスを必要とする。また、スクラビングプロセスで使用する化学試薬の定期的な監視と調整も必要です。

大気汚染防止装置の選択は、産業用途の特定の汚染物質、プロセス条件、規制要件、および経済的考慮事項によって異なることに注意することが重要です。各技術にはそれぞれ利点と限界があり、効果的な大気汚染防止に最も適したソリューションを決定するためには、これらの要素を評価することが不可欠です。

editor by CX 2023-09-04

jaJA