基本情報

モデルNO.

驚異のRTO

タイプ

焼却炉

ローメンテナンス

100

簡単な操作

100

省エネ

100

高効率

100

商標

ビジャマジング

輸送パッケージ

海外

仕様

111

起源

中国

HSコード

2221111

商品説明

RTO

再生熱酸化装置

RTOは、従来の触媒燃焼、直接熱酸化装置と比較して、加熱効率が高く、運転コストが低く、大流量の低濃度排ガスを処理できるというメリットがある。VOCs濃度が高い場合、二次熱の再利用が可能であり、運転コストを大幅に削減できる。RTOはセラミック蓄熱器を通して廃ガスをレベル別に予熱することができるため、廃ガスをデッドコーナーなく完全に加熱分解することができ(処理効率>99%)、排ガス中のNOXを低減することができます。

RTOは運転モードの違いにより、チャンバータイプとロータリータイプに分けられます。回転式RTOは、システム圧力、温度安定性、投資額などに優れています。

RTOタイプ   効率性 圧力変化
(mmAq)
サイズ (最大)処理量  
 
治療効率  熱再利用効率  
ロータリー式RTO 99 % 97 % 0-4 小さい
(1回)
50000Nm3/h  
三室式RTO 99 % 97 %   0-10 大型
(1.5倍)
100000Nm3/h
2室式RTO 95 % 95 % 0-20 真ん中
(1.2倍)
100000Nm3/h  

再生熱酸化装置、再生熱酸化装置、再生熱酸化装置、熱酸化装置、熱酸化装置、熱酸化装置、酸化装置、酸化装置、焼却炉、焼却炉、廃ガス処理、廃ガス処理、廃ガス処理、VOC処理、VOC処理、VOC処理、RTO、RTO、ロータリーRTO、ロータリーRTO、ロータリーRTO、チャンバーRTO、チャンバーRTO、チャンバーRTO

住所 中華人民共和国浙江省亦荘市地城西路濱偉大厦E1 8階

ビジネスタイプ メーカー/工場, 商社

事業範囲 電気・電子、産業機器・部品、製造・加工機械、冶金・鉱物・エネルギー

マネジメントシステム認証 ISO9001、ISO14001

主要製品 Rto、カラーコーティングライン、亜鉛メッキライン、エアナイフ、加工ライン用スペア、コーター、独立機器、シンクロール、改造プロジェクト、ブロワー

会社紹介 浙江驚科技有限公司は浙江経済技術開発区(BDA)に位置する盛んなハイテク企業です。現実的、革新的、集中的、効率的という理念を堅持し、主に中国及び全世界の廃ガス処理(VOCs)産業と冶金設備にサービスを提供しています。弊社はVOCs廃ガス処理プロジェクトにおいて先進的な技術と豊富な経験を持っており、コーティング、ゴム、電子、印刷などの業界への応用に成功しています。また、平鋼加工ラインの研究と製造において、長年の技術蓄積を持っており、100近くの応用例を持っています。

弊社はVOCs有機廃ガス処理システムの研究、設計、製造、据付、試運転と平鋼加工ラインの省エネと環境保護のための改造と更新プロジェクトに重点を置いています。弊社は環境保護、省エネ、製品の品質向上などの方面で、お客様に全面的な解決案を提供することができます。

また、ローラー、カプラー、熱交換器、レキュペレーター、エアナイフ、ブロワー、溶接機、テンションレベラー、スキンパス、エキスパンションジョイント、シャー、ジョインター、ステッチャー、バーナー、ラジアントチューブ、ギアモーター、減速機など、カラーコーティングライン、亜鉛メッキライン、酸洗ラインの各種スペアや独立した設備も手掛けています。

再生熱酸化装置

再生熱酸化装置は運転中にうるさいですか?

再生熱酸化装置(RTO)は運転中に騒音を発生することがあるが、騒音レベルは通常、許容範囲内であり、効果的に管理することができる。RTOによって発生する騒音は、システムの具体的な設計、使用されるファンやブロワーのサイズとタイプ、排ガスの速度と圧力など、様々な要因に依存する。

RTOが発生させるノイズに関する考察をいくつか紹介しよう:

  • 騒音対策: RTOメーカーは、システムの設計に騒音対策を組み込んでいることが多い。これらの対策には、RTO内の戦略的な位置にサイレンサーや吸音材を使用し、騒音の伝播を最小限に抑えることが含まれます。これらの対策を実施することで、RTOから発生する騒音を許容レベルまで低減することができます。
  • 場所と距離 施設内のRTOの位置は、知覚される騒音レベルに影響を与える可能性がある。居住スペースや騒音に敏感な機器など、影響を受けやすい受容体から離れた場所にRTOを設置することで、施設の居住者や近隣の土地への騒音の影響を最小限に抑えることができます。
  • エンクロージャーと断熱材: RTOを防音ハウジングで囲ったり、断熱材を使用して騒音を減衰させることで、さらなる騒音低減が可能です。これらの筐体や断熱材は、RTOから発生する騒音を封じ込め、吸収し、周辺環境への影響を低減するのに役立ちます。
  • 運営上の配慮: RTOの適切なメンテナンスと定期的な点検は、最適な性能を確保し、騒音の発生を最小限に抑えるために不可欠です。故障したコンポーネント、磨耗したベアリング、または不均衡なファンは、騒音レベルの上昇の原因となります。定期的なメンテナンスを実施し、問題があれば速やかに対処することで、騒音レベルを抑えることができます。
  • 規制遵守: 騒音規制やガイドラインは、管轄区域や特定の産業分野によって異なる場合があります。RTOの運転が要求される騒音制限を満たすように、適用される騒音規制を評価し、遵守することが重要である。

全体として、RTOは運転中に騒音を発生する可能性がありますが、適切な設計上の配慮、騒音防止対策、適用される規制の遵守により、騒音の影響を軽減することができます。RTOメーカー、音響エンジニア、または環境コンサルタントに相談することで、RTO運転に伴う騒音を管理するための貴重な見識や推奨事項を得ることができます。

再生熱酸化装置

What is the impact of regenerative thermal oxidizers on greenhouse gas emissions?

Regenerative thermal oxidizers (RTOs) play a significant role in reducing greenhouse gas emissions. They are effective in mitigating the release of volatile organic compounds (VOCs) and hazardous air pollutants (HAPs), which are major contributors to greenhouse gas emissions and air pollution. Here are some key points regarding the impact of RTOs on greenhouse gas emissions:

  • VOC and HAP Destruction: RTOs are designed to achieve high destruction efficiencies for VOCs and HAPs. These pollutants, which are often emitted from industrial processes, are oxidized within the RTO at high temperatures, typically above 95% efficiency. By converting these pollutants into carbon dioxide (CO2) and water vapor, RTOs prevent their release into the atmosphere, thereby reducing greenhouse gas emissions.
  • Carbon Neutrality: While RTOs do produce CO2 as a byproduct of the oxidation process, the net impact on greenhouse gas emissions is considered minimal. This is because the CO2 generated by the RTO is derived from the VOCs and HAPs, which are themselves carbon-based compounds. The combustion of these pollutants in the RTO represents the conversion of carbon from one form to another, rather than introducing new carbon into the atmosphere. As a result, the overall carbon footprint is often considered neutral.
  • エネルギー効率: RTOs are designed to maximize energy efficiency by utilizing regenerative heat exchange systems. These systems recover and reuse a significant portion of the thermal energy from the exhaust gases, reducing the need for additional fuel consumption. By operating with high energy efficiency, RTOs help reduce the overall energy demand and associated greenhouse gas emissions from the facility.
  • 規則の遵守: RTOs are frequently used in industrial applications to meet regulatory requirements for emissions control. By implementing RTOs, industries can achieve compliance with stringent air quality regulations and reduce their greenhouse gas emissions. Governments and environmental agencies often encourage or mandate the installation of RTOs to promote sustainable practices and minimize the environmental impact of industrial activities.

It is important to note that the specific impact of RTOs on greenhouse gas emissions can vary depending on factors such as the type and concentration of pollutants being treated, the operating conditions of the RTO, and the overall energy efficiency of the facility. Additionally, it is crucial to properly operate and maintain RTOs to ensure optimal performance and emissions control.

Overall, RTOs contribute to the reduction of greenhouse gas emissions by effectively controlling and destroying VOCs and HAPs, promoting energy efficiency, and facilitating compliance with environmental regulations.

再生熱酸化装置

再生熱酸化装置の寿命は?

再生熱酸化装置(RTO)の寿命は、装置の品質、適切なメンテナンス、運転条件、技術の進歩など、いくつかの要因によって変化する。一般に、適切に設計され、適切に保守されたRTOの寿命は、15年から25年以上である。

RTOの寿命に影響する要因をいくつか挙げてみよう:

  • 建設の質: 耐腐食性合金や耐火物ライニングのような高品質の材料で作られたRTOは、寿命が長くなる傾向があります。堅牢な構造は、工業プロセスでしばしば遭遇する過酷な運転条件に対する耐久性と耐性を保証します。
  • メンテナンスの実践: RTOの寿命を最大限に延ばすには、定期的かつ積極的なメンテナンスが重要である。これには、定期的な検査、バルブ、ダンパー、セラミック・メディア・ベッドなどのコンポーネントの洗浄と交換、運転パラメーターの監視が含まれる。適切なメンテナンスは、機器の早期故障を防ぎ、最適な性能を確保するのに役立ちます。
  • 動作条件: 温度、ガス組成、微粒子負荷などのRTOの運転条件は、その寿命に影響する。RTOを設計パラメータ内で運転し、過度の熱ストレスや化学ストレスを避けることが、寿命延長につながります。
  • 技術の進歩: 時間の経過とともに、技術の進歩により、より効率的で耐久性のある部品が導入されたり、RTOの全体的な設計が改善されたりすることがある。古いRTOを新しい技術でアップグレードまたは改造することで、その寿命を延ばし、性能を向上させることができる。
  • 環境要因: 腐食性ガス、高湿度、または過酷な気候にさらされるなどの環境要因は、RTOの寿命に影響を与える可能性があります。適切な設計を考慮し、耐腐食性コーティングや断熱材などの保護対策を施すことで、これらの影響を緩和し、機器の寿命を延ばすことができます。

記載されている寿命は一般的な推定値であり、特定の状況によって異なる可能性があることに注意することが重要である。RTOの長寿命と信頼性の高い運用を確保するには、定期的な点検、メンテナンス、メーカーのガイドラインの遵守が不可欠である。

China Good quality Rto Regenerative Thermal Oxidizer
editor by CX 2023-10-20

jaJA